おくすり手帳

Notebook

おくすり手帳は、あなたが今までに服用したり、使ったりした薬の名前や飲む量、そして過去に経験した副作用等を継続的に記録するための手帳です。

この記録があると、医師や歯科医師・薬剤師が、どのような薬をどのくらいの期間、使っているのかがわかり、薬の重複や飲み合わせを避ける事も出来ます。

 おくすり手帳の効果を発揮するためには、1冊にまとめておき、医療機関に行く時だけでなく、常備しておくことをおすすめします。        

そうすることにより、あなたが過去から現在まで服用してきた薬の内容や経過について、正確に把握してもらうことができ、より良い治療が効果的に受けられます。

 急に体調が悪くなった時、救急の時、自然災害時などの場合でも、早期に適切な治療が行う事ができ、大変役に立ちます。 

お薬手帳に書いてほしいこと!!

  • 名前、住所、生年月日、連絡先などの基本情報
  • いままでにかかったことのある疾病名(胃潰瘍など)
  • 副作用がでた薬の名前と症状や食物アレルギー
  • ドラッグストアなどで購入し服用したお薬の名前・ 服用量・飲み方(毎食後など)、サプリメント、 健康食品など
  • 薬をのんで気になることや医師、歯科医師、薬剤師に質問したいこと

おくすり手帳カバーについて

お薬手帳カバー(松阪地区薬剤師会専用)の作成について

松阪地区薬剤師会では、薬剤師の在宅医療サービスの普及や在宅医療における多職種連携の強化を目的とした事業の一環の中で「お薬連絡帳カバー」(以下 手帳カバー)を独自に作成し、介護支援専門員を中心に配布しました。

作成の経緯は多職での話し合いの中で、最近では広く認知されているおくすり手帳を利用して、多職種間の情報共有ができればという他職種からの発言があったことが発端でした。

この手帳カバーの作成の目的は、お薬手帳に用いるカバーを活用して、在宅患者に関わる多職種間での情報の共有と一元化を図ったものです。

お薬手帳カバー(松阪地区薬剤師会専用)の内容

  1. サービス利用者に関係する職種や受診医療機関が一目でわかるように診察券や施設カード、関係職種の名刺などを入れることが可能なポケットを12個設置しています。

  2. 患者基本情報はお薬手帳更新時に書き換えの手間を省くため、カード形式にして分離しています。また一般的なお薬手帳の記入項目以外に緊急連絡先など緊急時に必要な情報も網羅しているので、災害・救急搬送時にも有用です。

  3. 大きなサイズの保険証や資格証などを収納するためのポケットも装備しています。

  4. お薬手帳は新旧2冊を収納可能です。

  5. 裏面見開き部分には、多職種のためにこの手帳カバーの目的・使用方法等を印刷した説明カードを封入しています。

  6. 裏表紙には「お薬手帳は1冊にまとめましょう」と印刷しています。
表紙
カードポケット面
基本情報記入欄